ジャニー喜多川が死去…死因はくも膜下出血!後継者は滝沢秀明か?

著名人

解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、ジャニー喜多川さんが2019年7月9日午後4時47分に87歳で亡くなりました。

通夜・告別式についてはタレントとジャニーズジュニアのみの家族葬を行うとのことです。

「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます。」

引用元:headlines.yahoo.co.jp

タレントと会話をして一時期状態が回復するなどの奇跡的な現象も起こったジャニー喜多川さん。

彼のご冥福を祈るとともに、気になるのは【今後ジャニーズ事務所の社長がどうなっていくのか?】ですよね。

副社長のメリー喜多川さんが社長になるのか?それとも引退した滝沢秀明さんが社長に就任するのか?

ジャニー喜多川さんの命を奪った病気や今後のジャニーズの方向性についてまとめました。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川の死因はくも膜下出血だった

出展:www.bbc.com

ジャニーズ事務所によると、2019年6月18日午前11時30分に自宅で体調不良を訴えたジャニー喜多川さんが、病院に向かう際に意識を失い緊急搬送されたことがきっかけだったようです。

その後は集中治療室での懸命な救命措置が行われたことで一般病棟に移ることもでき、タレントやジャニーズジュニアとの面会をすることが出来るようになりました。

入院中の病室内では、タレントやジュニアとジャニー喜多川さんがお互いの思い出を語ったりする楽しい時間が流れていたそうです。

時に危機的な状況になりながらも、周囲の人が呼びかけたりタレントが体をさすることによって危機を脱し続けたジャニー喜多川さん…一時的に容体が回復するなんてこともおこったようです。

本当にタレントとジャニー喜多川さんの絆は深かったんですね。

出展:bunshun.jp

病に倒れる直前まで劇場やスタジオに赴く日々を過ごしていたようで、最後まで現役として頑張っていたジャニー喜多川さん。

彼や周囲のタレントの頑張りもむなしく、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、2019年7月9日午後4時47分に87歳で亡くなってしまいました。

くも膜下出血についての詳細な解説はコチラ

タレントやジュニアたちにも本当に突然の出来事だったようで、7/9には急いで病院に向かうタレントたちで車が大変混雑していたようです。

当時あるタレントを載せていたタクシー運転手の話によると、

「池袋のあたりで、着の身着のままで年の若い子が走ってきて、『渋谷に行ってください!』と。『急いで』『早く』と何度も言われました。組んだ脚を揺らして、落ち着かない様子で、電話で『いま着きます』と話していた。到着した場所にはたくさんの車が停まっていました」

引用元:bunshun.jp

出典:bunshun.jp

それだけ突然の連絡だったんですね…

その後ジャニーズ事務所は声明を発表し、

「ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテインメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。そして、世の中がいつまでもエンターテインメントを楽しむことができる平和で希望に満ちたみらいであり続けることを心から願っておりました」

「これからタレントと社員がその意思を受け継ぎ、一人一人が役割を果たすことで世界中にジャニーの願いが届きますよう、タレントとスタッフ一丸となり精進してまいりますので、何卒ご指導賜われますと幸甚に存じます」

引用元:headlines.yahoo.co.jp

自身の意思を継いでくれるタレント。

これは明らかに滝沢秀明さんのことを指しているような気がするのですが、その可能性については後述します。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川の後継者は滝沢秀明で確定

出展:headlines.yahoo.co.jp

ジャニー喜多川さんの死去を受け、気になるのは『今後のジャニーズ事務所は誰が運営していくのか?』ですよね。

現段階だとジャニーズ事務所の副社長であるメリー喜多川さんが可能性が高そうですが、彼女も年齢が92歳と非常に高齢なので、その長女である藤島ジュリー景子さん(52歳)が社長に就任する可能性が高そうです。

出典:matome.naver.jp

しかし藤島ジュリー景子さんは主にマネジメントなどを副社長のメリー喜多川さんについて、マネジメントなどをしっかりと勉強されてきた人物です。

となるとジャニー喜多川さんのように、『ジャニーズをプロデュースする能力がある人物』が必要になってきますよね…それが滝沢秀明さんだと言われています。

滝沢は引退時に《ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぐ》とコメント。

「ジャニー社長から、滝沢がそこまで覚悟を決めたんなら、わかった。僕も応援する。だけど、本当に大変な仕事だよ。(略)大きな決断をしたから、ちゃんと滝沢が仕事をできる環境を作ると言われた」

「とにかく今はジャニーさんの頭の中にある構想を現実にすることで頭が一杯。(略)昔は怖かったですね。若い頃、生意気言って、怒られたこともありますし…。でも、そういったところをすべて受け止めてもらってここまで来られたので、もう本当に親以上の存在です。だから何かを返さなければという思いも強いんです」

引用元:jisin.jp

「ジャニーイズムをみんなで守っていく」

滝沢秀明さんはジャニー喜多川さんの死を予期していたのでしょうか?

2018年末に滝沢秀明さんが人気も実力もあったにも関わらず芸能界から引退して裏方に回ると発表…世間に衝撃を与えましたよね。

2019年初めから、ジャニーズ事務所の関連会社「ジャニーズアイランド」の社長として、ジャニーズジュニアのプロデュースや新人発掘などの業務に従事し、世代交代に尽力しています。

元々劇場の演出などもしっかりとこなしているという過去があったので、プロデュースなども今後こなしていくことになるのかもしれません。

元もジャニーズジュニアのころからジャニー喜多川さんと頻繁に行動を共にし、コンサートの演出に対して助言するなど、彼の右腕的な役割も担っていました。

ジャニーズジュニアでは現在、「HiHi Jets」「美 少年」「7 MEN 侍」などのユニットがデビュー目指して頑張っている状態ですが、これらを滝沢秀明さんが引き継ぐ形になりそうです。

ジャニー喜多川さんの入院中にも、

「ステージをつくるのはこれまでもやってきたが、メンバーと向き合うことはずっとジャニーさんがやっていた。それは新しくやるようになった」

「経営やタレントのマネジメントを担うジュリー副社長とは密に連携を取っており、お互いに気になったことは常に連絡を取っている。ほぼ毎日会って話をしています」

引用元:headlines.yahoo.co.jp

と語っていました。

ジャニーズ事務所の今後についてジャニー喜多川さんが生前聞かれたときの発言↓。

「自分のやり方を代々続けさせようとは思わない。親の気持ちで教育することは大切だけど、そんな愚直なやり方は、僕らの年代だからできること。みんな、それぞれのやり方で考えていけばいい。ただ、楽しいことが大切なんですよ」

引用元:www.huffingtonpost.jp

今後ジャニー喜多川さんの死によってさまざまな問題が起こってくるでしょう。

それでもアイドル時代からあれだけの活躍を見せてくれた滝沢秀明さん…そしてジャニーズだったらきっと乗り越えられると思います。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川の死に対しての著名人の反応

ここまで愛される社長さんは中々いなかったと思います。

最後に、ジャニー喜多川さんのご冥福をお祈りして記事を終えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました